読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

バーチャル「京都ハーフマラソン」

 

 f:id:malstrail:20170204143038j:image

 

朝から晴れマークの昨日、「京都マラソン」を二週間後に控え、独りハーフマラソン開催しました。名付けてバーチャル「京都ハーフマラソン」!

「さつかさん」のバーチャル「東京ハーフマラソン」からネーミングさせていただきました。あくまで名前だけの単独ハーフでずが…、

コースは「新春走ろうかい」、「枚方ハーフ」と同じ淀川河川敷。スタート時間も「京都マラソン」に合わせ、ウエアーも当日を想定したレース仕様に河川敷なのでウインドブレーカーを着用。シューズは「奈良」と同じの「エアロ14」で9:00時スタート。

天気がいいので普段は閑散としたこのコースも自転車や散歩の人達の姿もけっこう見かけます。

5㌔までは5:45〜5:30/kmくらいのペースで入って、「楠葉」の10.5㌔の折り返し地点まで給水は取らずに5:20〜5:00/kmくらいのペースで中間点、40秒の給水レストタイムで復路へ、時々4:45/km前後まで上げるが、最後の15㌔〜21㌔では5:20/kmあたりまで落ちて、そのままどうにかキープしてゴールでした。

 

バーチャルとは言え、タイトルどうりの「ハーフマラソン」なのですが、本番を前にしてどうしてもフルマラソンへの意識が強く、ハーフに専念出来てないようなどこか押さえぎみな感じで、フィニッシュしても「これでまだ半分!本番はあともう一回往復か…!」みたいな、ずっとフルのイメージが頭から離れなかった。

それでラストスパートも忘れたのか?「5:20/kmならまだ押していけそう…」なんて、つい先読みしながらのフィニッシュで、ハーフとしては少々物足らないところもあったけど、それでもはじめての「バーチャルハーフマラソン」はレースモード設定で、いつものロング走に比べるとテンションも上がって、いい刺激になりました。結構いっぱいいっぱいだったけど…(^_-)

フィニッシュタイム : ( 1 : 58 : 43 )

 

欲を言えば一緒に走るランナーがいると間違いなくもっといいタイムが出せたのでしょうが…、でもそこは本番と違うところ…、贅沢は言えません。

バーチャルなんですから…!(^_-)