読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

2017年「新春走ろうかい」 枚方ハーフマラソン、レポ

 

 

f:id:malstrail:20170110185751j:image

 

第40回記念「新春走ろうかい」 

前日の昼ごろからの雨が深夜まで降り続き、ようやく上がったけど、

今日の予報はくもりだが、また降り出しそうなどんよりとした空です。

会場のグランドもまだ水が浮いて足元が悪く、早速シューズを濡らして

しまった。

 

この大会は40回目というから、この辺りではマラソン競技の「はしり」の

ような大会で、近所の80歳のお婆さんから私も若い頃に走ったという話を

聞いたりします。

枚方体育協会の主催で、後援が読売新聞をはじめ、枚方市、協賛、協力

団体のもとに、「自分のペースで走ろうかい」を合言葉に、成人の日に

合わせ、エントリー種目は新成人の「二十歳のメモリアルラン」から

小、中、高校の部、視覚障がい者の部、5㌔、10㌔、ジョギングと、

パフォーマンスの部とエントリー種目も揃って、派手さのない大会

ですが、家族全員で楽しめる良い大会です。

 

 

 

f:id:malstrail:20170110185819j:image

 

 

今回のゲストは枚方市出身のタレント「森脇健児」さんと「森脇健児陸上競技部女子

部」の「きのせ ひかる」さん、「繁田梨世」さんのお二人で、ハーフの

参加者は1800人くらい。

ハーフのコースは会場を中心に、「淀川」の河川敷道を南北二ヶ所の折り

返しのフラットなコースで、今年は雨もあがって気温も高い、暑いくらい

でまだ走りやすいけど、天気が崩れると、一転して過酷なレースになって

しまう。

 

レース展開は、スタートから10㌔辺りまでは5分/kmペース前後キープで、

少しペースが落ちて16㌔地点で5.5分/km。最後の給水ポイント手前辺りで

4.45分/kmまで上げ、女子のランナーと1㌔近く並走したけど、

そこまで…、給水でチョット気を抜いたすきに置いて行かれて、

がんばり過ぎたかそのあとペースが崩れて、19㌔からラストまでは、

5.3分/km前後で、1時間51分59秒でゴール。

 

昨年の初ハーフ、1/17「高槻国際ハーフ」より2分の更新だけど、

パッとしませんが、実力的にはこの辺りがいいとこでしょうか…?

給水で手間取らなかったら、40分台はいけると思ったのですが…?

「給水のロスタイムはでかいな~!」