読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

夏の空

そらまめ

 

今日から一斉に蝉が鳴きはじめて、いよいよ夏です。

道を掃除してると、蝉の抜け殻が目立って多かった。

なかには羽化したばかりのみどりの成虫が仰向けになって、

透き通った羽をばたばたさせている。

  

気温もきょうは34度まで上がり、台風の影響なのか、

湿度が異常に高くて蒸し暑い。熱中症になる人も増えている。

先の日曜日、日中といっても5時過ぎですが、

気温はまだ30度もあって、いつもにくらべてさすがに

河川敷に人影は少なく、それでも橋梁の日陰では、

いくつもの若い人のグループが、この暑いさ中バーベキュウを楽しんでいた。

風が通る場所だし、傍目でみるよりは以外と涼しいのかもしれないが、

 汗が吹き出してきそうで、それでもこれがいいのかもしれない。

バーベキュウは暑い時にこそで、冷たいビールがうまい!

木枯らしの吹く河川敷でバーベキュウというのも、

「冬のバーベキュウ」って、面白そうだがどうも様にならない。

 

この猛暑だと、河川敷のランナーも日中は避けて、朝方か日没後に

走るけど、中には一番暑い頃に、がんばってるランナーも少なからずいて、

「私ではございませんので‥‥‥」

そちらはランパン、ランシャツの、いかにも走り込んでるハイペースの

ランナーだったり、上半身はだかで、ちょっと息の荒い気になる方も

走っています。

 

 

 

 f:id:malstrail:20150713160143j:image

 

 

 

さて、いよいよ週末から大きな台風もやって来そうな気配で、

その動向が気になるところですが、台風を前にすると

猛暑がつづいても、迂闊なことは言ってられません。

 

パソコンで台風の進路は読めても、どれだけインフラが整備されても、

台風の方向を転換させたり、勢力を弱めたりはできません。

情報をいち早く得ることで、早く避難することはできても、

ただ通り過ぎるのを待つしかないのは、鎌倉時代とあまり変わっていない。

自然現象に対して人間はただただ無力のままですね。

 

昨日のランニンング、     10㌔、 6.22 "/km