読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

追い風 向かい風

「今日は今年一番の冷え込みになりそうです・・・」

ついこの前も同じ台詞を聞いたような気がするけど、

外に出るとすぐに納得。天気はいいけど、風がすごい。

風速10m/s以上らしいけど、実際どれだけなのかわからない。

「こんな風の強い日に、わざわざ走らなくても・・・、

それも河川敷やなんて、誰も走ってないよ・・・」

そんな声も風にちぎられほとんど聞こえなかった。

 

堤防に上がると、ウインドブレーカーがパタパタ音を立て、

からだが風に押し返される。この風はまちがいなく「今年一番」、

コースを変更しようかと考えたけど、

ここで引いたらあとで後悔しそうなのでやめた。

さすがに土曜日、風があろうがなかろうが、

やっぱり走ってる人はどこにもいます。

アップしてると、2人のランナーが通り過ぎて行く。

前は、こんな日は誰も走ってなかったけど・・・

ランニング人口は確実に増えているみたいだ。

確か、明日は「奈良マラソン」で、選挙の日と重なり、

関係者は大慌てでしょう。急遽、役所の人達が大増員されたようですが、

 

f:id:malstrail:20141214112708j:plain

                                  *追い風

 

いつもならここから下流方向へ、すなわち大阪方面へ走ることが多いけど、

今日は上流へ、京都方面に向かう。

理由は、単純です。 スタートはやっぱり追い風がいいということで・・・

後になりましたが、この大河は他でもない、あの「淀川」です。

といっても、他府県の方はご存知ないかも知れませんが、

「淀競馬場」、「淀城」、「淀君」、歴史や、ギャンブルに興味のある方、

地理に詳しい方は、すでにお分かりかと思いますが、ここの河川敷は、

年間を通してさまざまなマラソン大会が開催されています。 

京都コースの特徴は、大阪コースにくらべて、

公園やグランドの施設が未整備で、途中、手つかずの雑木林がまだ残っている。

夏の暑いときは陽射しを、冬には木枯らしを少なからず遮ってくれます。

京都との府県界の「八幡」まで、ほぼ直線の舗装道が10数㌔も続いて、

週末はロードバイクのグループが大阪から京都へ隊列を組んで

駆け抜けて行く。

時々、そのスピードに冷やっとさせられることがありますが・・・、

あとは大きな三脚を背負ったバードウオッチャーやフォトグラファーが

自転車を止め、雑木林の小鳥を狙っていたりして、

他にはほとんど人影もなく、夜は自転車で走るのもためらうような暗闇で、

ちょっと近寄りがたい。

 

夏には30㌔走で、何度か「八幡」の「御幸橋」まで行ったけど、

今日は途中の「くずはゴルフ場」で折り返す。

Uターンするといきなり強烈な向かい風に

帽子も飛ばされ、さすがに今日はいつもにくらべて

バイクもランナーも少ないようだ。 

 

f:id:malstrail:20141214112849j:plain

                                *向かい風 

 

余談ですが、この「八幡」の「御幸橋」あたりは、

かつて江戸時代末期に「鳥羽伏見の戦い」のあった古戦場で、

敗れた旧幕府軍は「淀川」沿いを大阪に向け敗走していったという。

河川敷公園やグランドのあるあたりまでもどってくると、

風を遮るものもなく、昼を過ぎてもまだ風は一段ときつく吹き付ける。

帽子も手で押さえないと飛ばされ、顔も上げて走れない。

そのままスタート地点まで戻ってくると、

やっと風はおさまったように思ったけど、

それは止まって背中を向けただけでした。 

                   ジョギング(22㌔/2時間15 分)