マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

あとは「奈良」!

 

f:id:malstrail:20190625080059j:image

 

今年こそはの予感は見事にハズレました!大阪マラソン、3年連続落選者優先4000人枠でも当たりませんでした。

私は八年連続ですが…、(^_^)

何の確証もないのに今回は当たりそうな気がしたのですが…、やっぱり予感はあくまで予感に過ぎなかった。(;´д`)

 

終わってみると、これなら「大阪」は潔く諦めて「湘南」にエントリーすればよかった…!なんて…、

ごいさんやMacさんに会えたかも知れないのに…!そう思うと残念でなりません。

 

今更タラレバは無しだけど、こうなると「奈良」のエントリーは慎重に頑張らないと…、昨年みたいにな時間切れのミスは許されませんぞ!´д` ;

 

いちど湘南とか東京も走ってみたいと思っているのですが、なかなか日程調整が出来なかったりで…、東京は大阪より倍率高いか、^_^;

そんな事言ってる間に、そのうちいよいよ走れなくなるから…、(何処かでそんな声か聞こえます。)

 

でも、マラソンは、走るって、あくまで個人競技だし、一緒に走れる仲間がいるというのは、やっぱり楽しいですね。

 

もう6月もお終いです。新年度が始まったかと思っていたら、来月はもう夏休みに入ります。今月はBBQやら飲み会が多くて、NAGI PEAKSの疲れもあったりで、あまり走れなかった。

 

関西はまだ梅雨入り宣言もないまま、毎日真夏日です。7月は走らないと…、

当たらない天気予報は週中くらいから雨☂️!

走ろうと思ったら梅雨入りみたいです。(;´д`)

 

土曜日のランニング : 10.8k   jog   (1:19:31)

 

 

 

予感は的中!

 

f:id:malstrail:20190619182000j:image

 

これまでずっと落選でしたが…、予感が的中!そうです当選しました。「神戸マラソン」!

今年は神戸か大阪どちらか当選しそうな予感がありました。金曜には大阪の発表です。

大阪は3回落選者対象の4000人枠に応募、どちらかと言えば、大阪が当選しそうな気配を感じでましたが…、

ダブル当選という、贅沢なサプライズもあるかも、こうなればなったで中2週間でフルマラソン?、嬉し涙が出そうな…、こうなると本命はあくまで「大阪」で、神戸はまたある気もするけど…、大阪はたぶん最後のチャンスのような気がします。

第1回大会以来の2度目!「神戸」は走りたいお方にお譲りも、やぶさかではありませんが…、

神戸って「ゆずれーる」枠あったかな?

「中2週間でのフルはちょっと厳しいなぁ〜」

本音!

贅沢ですか…、、、!

 

今日のランニング :   11k   jog   (0:21:.49)

トレラン気分でGO!

f:id:malstrail:20190612101813j:image

 

NAGI PEAKSが終わって10日ですが、先週は太腿の筋肉痛がとれなくて、週末に緩ジョグをするのが精一杯でした。今週になってやっと疲労も抜けてきた感じす。

ラソンに比べてトレランは筋肉痛もきついし疲労も取れにくいようで、歳のせいにはしたくないですが…、(^_-)

さて今月は神戸や大阪マラソンの抽選発表がありますが、次はどこ走るのかまだ決まっていません。これから9月頃まではマラソンはオフシーズンだし、次もまたトレランになりそうですが、夏は山も暑いし3000mの稜線は別世界だけど、低山でも山は少しは暑さを和らげ癒してくれるます。

自分のトレランの目標はあくまでファンラン完走ですが、それでも関門通過は必須だから、ちゃんと走らないと完走出来ません。実際に関門通過がギリギリの場合や、通過出来ないこともあるし、実力相応のコースを選択することがポイントになってきます。

距離は今のところせいぜい50k以内、累積標高が3000m前後、制限時間は10〜12時間くらいを基準にして、あとはロードが少ないコースがいいですね。

候補としては、8月の「野沢トレイルフェス」、「須坂米子大瀑布スカイレース」、9月 「若狭路トレラン」、同日の「戸隠トレラン」、10月「五箇山道宗道トレラン」、「京都一周トレラン北山」あたりから2本くらい走れたらいいなと思っています。

フルマラソンは3月に「篠山」を走ったきりで、今年こそ「神戸」か「大阪」が当たる予感がするけど…?それはともかく、「奈良」はクリック合戦を制して今年こそリベンジです!

それにしても大阪は梅雨入り宣言を前にして、連日夏のような暑さで、さすがに昼間は走れません。

真夏日から猛暑日へ、日本の夏は「金鳥」〇〇〇〇。お隣「またぶらさげたはったわ!」

 

こないだのラン : 13.29km   jog   ( 01:10:44 )

 

 

 

NAGI PEAKS レポ②

f:id:malstrail:20190604192732j:image

那岐山稜線

 

前半の急登は初見だし山頂まで何時間かかるのか全く分からない。最初は時計も見ていましたが、いつのまにかポイント通過のチェックも忘れ、覚悟していた急登も予想以上にきつかった。

給水は時々OS-1も含めこまめに摂っていたが汗が止まらない。元々汗っかきだが大概1時間も走ると汗も落ち着くのに、このままだと先が心配になって、途中でメダリストも加えて脱水と痙攣に気を使いながらの登りが続く。急斜面だし視界もないから周りの様子とかあまり憶えていない。最初のエイドは順位が気になり給水するとすぐに出発。スタートから2時間くらいは時計を見ていたが、その後山頂に着くまで全く見なくなった。

ようやく視界が広がり明るくなって稜線に上がると、冷たい風が吹きつけいっきに気温が下がる。やがて山頂到着。ガスの切れ間から麓が微かに見え、ガスが流れる稜線に思わず声をあげた。

白いガスが稜線を這い上がるように流れ、冷たい風が汗を吹き飛ばしてくれる。気温がぐっと下がって寒いくらいだ。

時計を見るともう昼前だった。先に東屋が見えそこでおにぎりを食べる。スタートからここまで、エナジーのマグオン、チョコバー1本、OS-1ゼリー半分と水だけ、そろそろ何か固形物を摂らないとガス欠になりそうだった。

次のエイドはまだまだ先だし、多分後ろの方だから着いても食べ物は残ってないだろう。

稜線の東屋だから風がまともに当たるし、雨具を出すのも面倒で、寒いからオニギリひとつ食べてすぐに走りはじめた。ガスの切れ間から時々麓の景色が見え隠れする。

 

f:id:malstrail:20190605111708j:image

 

那岐山を超えればどうにかなると頑張ってきたけど、「滝山」まで小さなアップダウンのある稜線は以外と長い。そこからいったん降って、次の「広戸仙」の初見の登りがまたキツかった。コースの2/3は前回のほぼ逆コースだから初見なのだが、ここまで昨年と同じトレランを走っているような気がしない。

見覚えのある「広戸仙」山頂まで来て、ようやく先が見えてきた。前半の急登をクリアーして完走はまず間違いないと思っていたが、まだ1/3だから何が起こるかわからない。でもここからは経験済みのトレイルだ。

昨年苦しんだ最初の登りを飛ばし降る。やがて因美線の電車の音がしてロードに飛び出すと最後のエイドを目指す。途中地元のオヤジさんから私設シャワーサービスを受けて、最後のエイドでは小学生から強烈なシャワーをもらう。

ここからゴールまでまだ5k。最後はゴール会場まで1kの上り坂。時計は7時間10分台のfinish timeで奥宮さんが握手で出迎えくれた。今回は年代別順位は15位/21人中。前回は6位だったのに…、記録証をもらってよく見ると、finish timeが40分以上違う。7時間56分だった?

よくわからない?ゴールの時計を確認してなかったけど、間違いは無いはず…?やっと気づいた!レストで時計が止まっていたのだ。

昨年28kのタイムが6時間54分。今年32kが7時間56分。実力通りでこんなものかと改めて納得させられる。

今回の32kを振り返ると、那岐山頂を目指すダイレクトコースの厳しさと、その後ガスが流れる稜線の素晴らしい景色に出会えてたことで、また新たな経験が出来ました。

毎回タイムを度返ししたような走りしか出来てませんが、自然の中を好きなように走るトレイルランニングの魅力はつきません。

終わり

 

 

NAGI PEAKS レポ①

f:id:malstrail:20190603172254j:image

 

今回の第2回大会は前回にくらべて、距離がチャレンジ4k.ミドルが 5k増えて、制限時間も15時間、10時間と延ばされました。ミドルコースは後半の12k以外は前回未走区間で、スタートから那岐山直登のワンウェイコースです。大会プロデューサーの奥宮俊祐氏が昨年コースよりさらにタフになりそうと宣言していた通り厳しいレースになりそうな予感がありました。

天気は曇り最高気温が26℃で、陽射しもなくまずまずのコンディション。津山に前泊して車で6時過ぎ会場の「すぱーく那岐」に入る。ミドルのスタートは8時で、チャレンジコースは昨年と同じ、今回ミドルのゴール地点の「勝北総合スポーツ公園」から4時スタートです。

8時のスタートのアナウンスで、那岐山に向かって真っ直ぐに延びる2k近い直線道路から右折してトレイルに入って行く。8k先の最初のエイドまでいっきに700m上がって、そこからさらに1255mの那岐山頂を目指します。

エイドを過ぎるといきなりガレ場の急登で、いよいよ600mの登りがはじまる。追い越しのきかない一列縦隊の登りがひたすら続く。若いランナーの会話の声も消えて、止まると後ろが渋滞して前が開くからひたすら前について行く。グループ登山なら1時間に5分は休みを入れるルートだ。トレランはあくまでレースだし、そんなの関係ないで止まらない。

止まると気が折れて、また止まりたくなるから、その前に小刻みにステップを変える。まだまだこれからだし、那岐山までの前半の登りが核心で、そのあとまだ2/3が残っていることは分かっていても、先のことを考える余裕などはない。とにかく山頂に立たないと先はない。

8kの最初のエイドで腰も下ろさずに3〜4分レストして給水するとすぐに出発して、それから那岐山までのはほぼノンストップで上がった。

今自分の位置がどの辺りにいるのか?スタート時点ではぼぼ真ん中あたりだったから、トレールに入ってもあまり変わってないと思うけど、そのあたりは考える余地もなくひたすらマイペースで上がる前半戦でした。

続く

 

 

 

速報、NAGI PEAK完走しました。

 

f:id:malstrail:20190602231422j:image

那岐山

 

NAGI PEAKS、ミドル32kどうにか完走しました。距離が4k延びて、タイムも前回並かと思っていたけど…?

那岐山直登のコースは前回未走部分が多くて、予想以上にキツかった。My Watchレストタイム止めていた!

それでも…、ガスの稜線ラン!イカッタ!

詳細はレポにて、

 

f:id:malstrail:20190602231447j:image

 

 

真夏日にトレラン?

f:id:malstrail:20190526092427j:image

 

昨日の大阪は朝からギンギラ太陽が照りつけ、昼前にすでに31℃の真夏日。こうなると早朝を逃すと陽が落ちる頃までなかなか走る気が起こらない。まだ5月というのに…、来週末までこの天気が続いたら…、あまり考えたくないけど、2日は真夏日のトレラン!!??

真夏日なのでDNSします。では洒落にもならない。ブログのネタにも困るし、美味いビールも飲めないから、多分走るでしょうが….、(^_-)

6時前にようやく腰を上げ、西陽の眩しいなかいつもの河川敷へ、坂トレの予定だったのに、河川敷の短い坂を集めて、いつもより少しスピードを上げてビルドアップ走。

さて、来週は天気が崩れ、気温も2〜3℃下がる予報。2日は雨☔️はないみたいだけど、最近の予報はよくハズレるから…!^_^;

 

昨日のランニング :  10k  jog   ( 0:58:51 )