読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

久々インターバルやってみた

 

f:id:malstrail:20170521133338j:image

 

2012年の冬でした、河川敷公園の1.2kのトラックで、1k×5、4.7/k→4.2/kペースの、つなぎ300m jogのインターバルの途中、3本目に右脹脛あたりでパチンと大きな音がして痛みと同時に突然走れなくなった。痛みは段々きつくなり歩くのが精一杯、びっこを引きながらどうにか家まで帰りました。

その後この肉離れは長引いて、翌年の秋の「福知山マラソン」は完走はできたがまだ完治せず、結局リハビリにまる一年以上もかかってしまった。

それ以来、インターバルはほとんどやらなくなって、どこかトラウマみたいなのがあって本気で取り組めずにいました。昨年はフルの自己ベストも更新できず、今シーズンのはじめ、もいちどトレーニング内容について見直してみようと、昨年やってなかった長距離走やインターバル走も取り入れ、もっと負荷をかけていかないと更新など望めないと思うようになった。

そこに至るには「はてブロランナー」の皆さんのレースレポやトレーニングのブログから大きな刺激を受け、そのレベルの高さに感心しながらも、自分との差にいささか凹みがちで、そんなハイレベルなトレーニングは出来なくても、自分レベルで負荷を落としているようじゃまずダメだと気づいた次第です。

インターバルの3本目は2本目と10秒しか差がつかず、設定ペースの4.2/kには届かなかったが、どうにかインターバルのかたちになっていた。その後のジョグで身体が軽いのには驚きでした。あらためて負荷をかける効果みたいなのを実感して、できれば週一くらいできればいいけど、ただ故障につながりやすいリスクもあるから、やり過ぎよりは少しもの足りないくらいで…、それじゃ負荷にならないか!(^ー^)

 

本日のランニング :  4.1k jog   1k×3 (4.7/k→4.5/k)     6.2k jog

ロング走で「くま子」に出会う

 

 f:id:malstrail:20170512103354j:image

 

 今日は午前中にロングを走ろうと、先日ちょっと怖い目にあった近場の歴史街道京街道」へ、ここは土、日になると大阪や京都からツアーバイクやファミリーバイクのグループが押しかけて、直線道路を疾走するから、ランナーはやっぱりちょっと怖い思いをする。

このごろの天気はコロコロとよく変わるし、陽射しもきつくておまけにむし暑い。風もあいかわらず強い日が多く、突然の雨もあったりするからまったく読めない。

「楠葉」付近の10.5kmの折り返しポイントで給水、ここまでのペースは5.7/k前後、Tシャツが汗で重たい。復路は徐々にペースアップするつもりが思うように上げれないまま、スタート地点を通り越して20k地点まで延ばすと、そこでばったり「くま子」と出くわした。

くま子が白毛に変わったのは何年前だろう…、もう忘れるくらい前だけど、真っ白だったくま子の毛が少し黄色くなっていた…、

あれからもうずいぶん経つから、もうとっくにお婆ちゃんぐまだけど、あのころは会うとよく話をしていた、くま子は若くて真っ白な毛並みは輝いてとっても綺麗だった。

はじめてくま子に会ったのは、まだくま子の毛が生え変わる前の黒い子ぐまのころ、それでも今と変わらないくらい大きくて、うちのチビが背中に乗ってよく遊んでいたから、それからするともう三十年も前のこと、くま子がお婆ちゃんになるのもあたりまえだし仕方ないことだ。

いちど元気なうちにデカくなったチビを連れて来たりしたら、きっとびっくりするに違いない。お菓子を片手にくま子に飛び乗ったり転がったりして、身体はくま子の半分もなかった…、

今日はあまり時間がないから、一枚写真を撮っただけで別れたが、つぎ会ったときにまたゆっくりと話そうと思う。

Tシャツを脱いで絞ると、ドシャっと汗が流れ出た。

またもうすぐ夏が来る…。

 

f:id:malstrail:20170515184124j:image

  

本日のランニング :  20.5km   ( 2 : 03 : 41 )     6'01"/k

ドライブ&ジャズで連休おしまい。

 

f:id:malstrail:20170508102213j:image

 

ことしの連休も仕事の関係で暦どうりには休みが取れないので、出かけるとしても日帰りの近場で、先に混雑のほうが気になってしまう。そこで2日にぶらりと湖西までドライブに行って来ました。

2日も帰省の混雑はすでに始まってるようで、名神京都東から大津は渋滞中で、161号線に出てもクルマは結構混んでいる。湖西道路をドライブするのも久しぶりで、まずは琵琶湖大橋のたもとにある道の駅「びわ湖大橋米プラザ」へ立ち寄った。

ここは駐車場も空いていて、特産コーナーをひと回りして二階のテラスで琵琶湖を眺めながら「おかき」を食べてると、いきなりトンビが低空飛行でやってきた。フェンスにはトンビにご注意と書いてあり、トンビがエサを狙ってるようだ。

とりわけ何処へ行こうか決めてないから、ネットに出ていた手作りのパン屋さんに行ってみることにした。最初のお店はここから10分くらいと近い。161号の道沿いだ。火曜日だけど何だか休みの店が多くて、右手にそれらしい店が見えたがうっかり通り越してしまった。少し奥まっていたから気付かなかった。でもクルマは一台も止まってなかったみたい。

仕方なく2軒目のパン屋へ向かう。JR湖西線「志賀」の駅前にあった。10分くらいで着いたが、何とここも定休日!助手席からぽつりひと言「定休日ネットに出てなかったん…?」

Uターンして「堅田」まで戻ってくると、大きな「コメダ珈琲店」の看板が見え、結局ランチはここのコーヒーとサンドイッチとなりました。

 

f:id:malstrail:20170508102259j:image

 

4日は毎年恒例の高槻ジャズストリート!今年も友人夫婦を誘って、それぞれ気に入ったステージを観た後、ビアーが恋しくなる頃に合流する運びになっている。

今年で19回目の高槻ジャズストリート、延べ4000人ミュージシャンが出演するというからすごい。プロから学生バンドまでジャズにフュージョン、ポップス、ブルース、ファンク、etc、ジャンルも様々で、3日、4日と高槻は連日連夜ジャムセッションで盛り上がる。

友人夫婦とは桃園小学校の「FM cocolo ステージ」で待ち合わせ、校庭は美味そうな臭いの立つ屋台が並んで、ビアー片手の観客てごった返している。ステージには映画「スローなブギにしてくれ」の主題歌( I want you ) のあの人、「南佳孝」さんが出演、中高年のファンがどっと押しかけすでに超満員!

 

f:id:malstrail:20170508102337j:image

 

合流するとあとはお定まりのコースで、昨年偶然入った同じ居酒屋へ、外の賑わいを他所に、仕切り直しでまずはカンペー!何処からライブの音が流れてきて、こちらは大人しく?盛り上がります。

 

 

 

 

ちょっと怖い!「京街道」

 

f:id:malstrail:20170427161439j:image

 

五月の連休を前に、天気の良い日は本当に爽やかで、まだ寒暖の差はあるけど、いい季節になってきました。毎年連休は不安定な天気が多くて、春山は荒れたりするけど、今年の予報は良さそうですが、どうなのでしょうか…?

先日、久しぶりに「京街道」(仮称のランニングルート)を走ってきました。ここを走るには少し遅い時間でしたが、ファミマへ用があり同じ方向だったので、途中で陽が落ちて暗くなることなどあまり考えていなかった。

この「京街道」というのは枚方市から京都の「八幡市」へと 続く「淀川」の河川敷道で、雑木林の中をまっすぐな道が数キロも続きます。河川敷なのに背の高い木も多く、日中には木蔭が出来るので、主に夏場のランニングコースに使っていますが、周りは手づかずで公園施設も何もない。夜は真っ暗闇で野犬も徘徊するし、自転車で通るのも怖いくらい、昼間もほとんど人影はありません。

やがて「牧野」辺りで折り返して戻る頃に陽が落ちて、周りが暗くなりはじめると自ずとペースも上がる。今日はスローペースのジョギングのつもりが、いつの間にかレースペースも越え、ビルトアップ走みたいな様相になってきました。

背後から何かに追っかけられているような強迫観念でどんどんペースが上がる。本当に野犬に追いかけられて逃げているアニメの主人公みたいになってきた。鳥羽伏見の「橋本」の戦いに破れた「新撰組」の残党が敗走した道…?その頃は河川敷道などないけど…、雑木林を追っかけられ敗走する姿が重なって…?

もう精一杯なのにベースは落ちない、落とせない!

すでに足もとも暗くてよく見えないけど、道はいいからまず躓くことはないだろ。何かを踏んでも小枝がパチンと弾けるくらいだ…。

 ようやく公園のあるところまで帰って来て時計を確かめると、なんと予定の倍の13kmも走っていた。それもしっかりBU(ビルドアップ)走になっている。直近の最速タイム(4.5/kmくらい)も出たようです。

 「追い込み」にはもってこいの「京街道」ちょっと怖いけど、近場で自然が残された良いコースです!?

「こんどは誰か誘って行こぅ!…」

 

京街道」ランニング :  13.17km  ( 1 : 24 : 25 )    6'24"/km

 

 

 

「ベタ」でも侮れません

 f:id:malstrail:20170420141329j:image

 

 

まとまった強い雨で、散り始めた桜がこれですっかり葉桜になってしまい、今年は咲きはじめも雨でおしまいも雨、短い桜の花の寿命も雨次第ですか、ひょっとしたら今年に限らずいつもそうなのか、雨じゃなく風で散るとすると、どれくらいの寿命なのか…、さほど違わないような気もします。

年度始めの慌しさのなかで、なかなか自分の時間もないなか、ランニングもどうにか週2〜3回走れたらいいほうで、距離が踏めていません。気温も上がってきたし、河川敷はいまだ何処からか飛んでくる花粉の名残や、固まって浮遊するよくわからない虫?に悩まされバフでマスクしないと走れない状態です。

気温が上がるに伴い、暑くなるだけじゃなく、ランニングには不適な要素が増えてくるようで、またすぐに梅雨に入ると雨で走れなくなるし、7月、8月は猛暑に真夏日が続く…、

それからすると、すでにシーズンオフに入っている感もなきにしろで、やがて早朝ランがメインになるれば、身体は暑さにも慣れて、いきなり灼熱のロングランもやってみたくなるから…、ランナーは順応力?がすごいのか、よくわからないところもありますね。

要は、「このシーズンオフが秋からのシーズンを征する…」と、どこかで聞いたような台詞で、「暑い時期の走り込みが肝!」と、まるでラン◯ーズの特集記事のベタなキャッチみたいです。

でも「ベタ」はなかなか侮れません。世の中は「ベタ」で動いているとも言えます。「横道ソレ介」云く。

 確かに、前シーズン華やかし頃に、横道君はロング走やインターバル走に懐疑的な意見を述べていたのに、いつのまに見直したのか、上方修正した模様です。(^_-)

 

よし、この夏は距離を踏むぞ!

 

本日のランニング :  6.58km   ( 0 : 38 : 30 )    5'51"/k

 

 

桜の見頃に雨つづき

 f:id:malstrail:20170409140749j:image

 

  

昨日からの雨は今日になっても止みそうになく、予報では今週はじめ頃まで続きそうです。咲き始めの桜が散るほどの雨ではないけど、この土日のお花見は残念ながら中止になるかもしれません。この時期は意外と雨が多い気がするのも、桜の開花時期と重なるために、雨は余計に気になるみたいです。今週の雨で散らなければいいけど…、小雨に濡れる桜の花もどこか華麗でいいですね…、

毎年この時期に四国の高知で、「四万十さくらマラソン」という新緑の四万十川に沿って走るフルの大会があって、前からパンフレットの写真を見るたびに、一度は走りに行きたいと思いながらなかなか実現できません。今年は3月26日、淀川国際ハーフと偶然にも重なっていましたが、アクセスも大変みたいだけど、この時期に前後2日の休みを取るのも難しく、それでもいつかは必ず行こうと思っています。

 

 

 f:id:malstrail:20170409140814j:image

 

 

四月に入ると各地の大きなマラソン大会のエントリー受付も始まったみたいで、関西では「神戸」、「福知山」、「大阪」が11月の一週間内に集中して、選択肢が三つに一つ、間の「福知山」だけが抽選なしの先着順で、あとの二つの抽選結果が6月半ばだから、その前に募集定員になってしまう。「福知山」を必ず走るとすれば、「神戸」、「大阪」は当選してもパスすることになってしまう。それも何だか腑に落ちないでしょ、偶然にそうなったのか、何か意図があるのかよくわからないけど、どうも釈然としない。毎週続けてフルマラソンを走る才能ありの人も中にはいますが、凡人にはまず無理でしょう。

走りやすい10月、11月のいちばんいい時期に大きなマラソン大会が集中するのは分かるけど、どこを走るか?年間計画も抽選の結果次第の運まかせと言えそうです。

 

本日のランニング : ジョグ&インターバル   6.8km     5.1/k .  4.8/k . 4.6/k  ( 1k×3 ) + 6.6/k ( 0.2k×3 )

 

「春一番」の風が吹いていた頃、

 

 

春一番ライヴ 72

春一番ライヴ 72

 

 

 

季節の変わり目は風が吹きます。それを一番感じるのは春ですねぇ、ずっと前のまだ私が学生時代の頃ですが、大阪で「春一番」という音楽イベントが天王寺公園の野外音楽堂で毎年行なわれていました。それこそ春一番の風に合わせるように…!

当時の関西を中心としたロックやフォークのミュージャン達が一同に集まるお祭りコンサートです。自分は確か71年から2〜3回行ったきりですが…、79年まで続いて一旦中断。その後95年に16年振りに復活して以来、今も会場を服部緑地野外音楽堂に移して、ゴールデンウィークに開催されているようです。

 かつての多くの出演者の中からよく聞いていたミュージシャンを何人かピックアップすると、今は亡き「高田渡」に、岡林信康、はっぴーえんど、はちみつぱいあがた森魚上田正樹&サウス.トゥ.サウス、三上寛、もう今は歌ってないひともいて、時間軸も前後しますが、シーナ&ザ.ロケッツ、憂歌団竹内まりやウルフルズ忌野清志郎山下洋輔トリオ、金子マリ坂田明ペギー葉山、などなど止まらない。他にも数多くのミュージシャンの名前が並んでいます。今年はどんなミュージシャンが出るのか、どんな若い人達が集まってくるのかわからないけど、毎年「春一番」と聞くたびに、あの頃の「春一番」コンサートを思いだします。本物の春一番はとっくの前に吹き去って、いささか遅きの感がありますが、何卒ご容赦のほどに…、

 

さて、昨日の日曜はポカポカ陽気でまさに春到来。淀川の河川敷公園も家族連れで大いに賑わっていました。

先週は淀川国際ハーフのあと、あまり走ってなかったので、昨日は思い立つままに先週の大会会場近くまで、スローペースで約20km走ってきました。

いよいよ今日からまた新年度がはじまります。ランニング計画もいろんな予定もまだこれからですが、しばらくバタバタと落ち着かない毎日が、桜が満開になる頃までは続きそうです。

 

昨日のランニング :  20.1km   LSD

 ( 2 : 09 : 44 )