読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

海水浴と「ウルトラ」

 
 
 

盆休みが過ぎると「今年もまた海に行けなかった」と、

必ず思ってしまう。毎年のように‥‥‥‥、必ず!

それにはちょっとした訳があって、

随分と前の夏休み、小学生だった子供と二人、

丹後の海へ海水浴に出かけた時のこと、まだ八月だというのに、

なぜか海水浴場は閑散としてほとんど人がいなかった。
誰も泳いでいないのだ。お盆は過ぎていたが、
まだ砂浜にはパラソルが並び、音楽が流れ、
にぎやかなビーチを思いえがいていたが、
みごとに期待は裏切られてしまった。
 
波打ち際で浮き輪をつけて座っていた子供の寂しそうな姿が、
いまでも忘れられない。
盆を過ぎるとこの辺りの海は「クラゲ」が出て泳げないらしい。
そんな「クラゲ」のことなど全く知らなかった。
 
 
それ以来、「盆が過ぎると海は終わり」という固定観念ができ、
本当は「クラゲ」のいない海とか、その気になりさえすれば、
まだまだ泳げるところはあるはずなのに‥‥‥、
「あの日」のことを忘れるためにも、何処かへ泳ぎに行けばいいのに、
「あの夏の日」はもう帰って来な いと‥‥‥、
石川セリ」じゃないけど‥‥‥‥、(脱線してはいけない)
もう、まったく〜センチメンタルえれじーで、
トラウマみたいに、「あの夏の日」を思い出してしまう。
 
本当は、それだけで海に行かなくなった訳でもないけど
 
それが、どういう加減だか、今年は猛暑が続いたせいか、
盆休みが近づいてくると、無性に海へ行きたくなってきて、
あの冷たいしょっぱい海水に浸かりたい!  
海のニオイをいっぱい嗅ぎたい!
海に恋したように!
 
それなのに‥‥‥‥? 気付くと帰省があったりと、短い盆休みは
いつのまにか呆気なく終わって、また海に行く機会を逸してしまった。
 
行くなら和歌山がいい 、やっばり「太平洋」だ!
みんなで行った「すさみ」か、「御坊」の「煙樹が浜」か、
決めていたのに‥‥‥‥、でもまだ諦めていない‥‥‥‥、
 
 
たしか、去年の「丹後ウルトラ」のあと、「浜詰海岸」のサーファーは、
九月の終わりに、まだ大勢波に乗っていた。「クラゲ」はいないのか?
サーファーは平気なのかしらないが、水浴びくらいはまだまだできそうだ。
それなら、「丹後ウルトラ」のあと「ザブン!」と、海に浸かってこよう!
 
 
完走すれば、ビールが飲めるし、海にも入れると、なれば、
まちがいなくテンションは上がる‥‥‥、
まだ「ウルトラ」を完走できるかどうかもわからんのに……、
ほんまに気楽なもんです。
 
そんなこんなで、多分、九月に入るともう海水浴のことなど跡形もなく、
いつのまにか、夏の私書箱にこっそり仕舞ったことすらすっかり忘れ、
頭の中は「ウルトラ」、「ウルトラ」、‥‥‥‥◯◯!
 
 
ところで、もうあと一ヶ月を切った「丹後ウルトラマラソン」!
暑さのピークは過ぎたといっても、この猛暑で走り込みどころか、
まったく走れていないのはお互い様、共通のハンデだと、
高を括ってるしまつ。もうなるようにしかならないと、
はやくも居直ってる気配で‥‥‥、要注意でごいす!
残す時間も少ないし、無理もきかないし、
どうやら、楽しんでやるしかなさそうです。
 
 
 
 
昨日のランニング:   夜  9.4 K     ( 6 ' 11” / km)
 
 
f:id:malstrail:20150823090524j:image