読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

淀川国際ハーフマラソン、レポート

 

f:id:malstrail:20170327132248j:image

 

26日のお天気は全国的に雨模様。季節の変わり目、「淀川」の河川敷はいつも3〜4m/sくらいの風が吹いていて、天気が崩れると強烈な風に変わる事があります。「第7回淀川国際ハーフマラソン」会場は守口市の淀川河川敷公園、京阪守口市駅から徒歩15分、当日の予報は曇りのち雨、どうにか午前中はもってほしいところです。この大会は有森裕子さん(代表)と高石ともやさんが活動されているNPOハート.オブ.ゴールドの支援レースで、「カンボジアの学校に体育用品を送ろう!」、「LOVE 遊 淀川」がテーマになっています。

種目はハーフ、10k、ファミリー3kで、募集は合わせて8000人、ハーフのスタート時間が11:45と遅く、時間的に余裕が持てて嬉しいけど、今日は雨のほうが気掛かりです。

スタートまでこんなに時間がある大会も久しぶりで、荷物預けの前に高石ともやさんのステージへ、懐かしいフォークソングに手拍子で、まわりはさすがに熟年ランナーのファンが多い。「上を向いて歩こう」や、若い人の知らない歌が続くと無理もない。高石ともやさん75歳!今でも36歳の時に初出場したホノルルマラソンを毎年走ってる現役ランナーだ。

 

 

 f:id:malstrail:20170327122132j:image

 

 

軽いジョギングと流しを3本くらいやってAブロックに並ぶ、ハーフの男子がAで女子がB、ブロックはナンバー別で5、6ブロックに分けられている。最初Aだからいちばん前だ!?と喜んだけど、三番目のブロックでした。前回の「京都」から体重も少し落としてコンディションはまずまず、雨もまだもちそうです。

スタートから5kまで1kのラップペースが5.0/k、最初の折り返し7k地点の給水で10〜15minのタイムロス、そこから概ね5.1/kペースをキープしてスタート地点に戻り、14k通過タイム(1 : 13 : 01 )、ここで有森裕子さんとハイタッチ!18k第二折り返し地点でマグオン+給水で立ち止まり、この1kラッブペースが6.0/kに落ちた。そのあと5.3/kに戻して20k地点(1: 46 : 09 )、是が非でも前回の51分は切りたいとラストスパート!どうにかスパートは出来たが、スピードは上がらず! 時計は( 1 : 51 : 37 )でfinish。

(記録証は郵送でした)

 

 

  f:id:malstrail:20170327204724j:image

 

 

前回のハーフ「新春走ろう会」枚方ハーと同タイムの51分台。途中は間違いなく40分代は行ける!と確信して、最後は何がなんでもとがんばったが…、?前回と同タイムをどう見ればいいのか…、今の実力はこんなものなのかも知れません。次回また40分台にチャレンジです。応援いただいた「はてなブロガー」の皆さんはじめ、ありがとうございました。会場を後にする頃、ようやく大粒の雨がパラパラと落ちてきました。

おわり、