読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

春近し、マラソンは気合いだ!?

 f:id:malstrail:20170306141610j:image

 

昨日は朝からぽかぽかいい天気で風もなく、二週間ぶりに河川敷を走ってきました。 

二月はまだ河川敷の風が強く、先週のはじめアップダウンの多い近くの住宅街にコースを見つけ、今月末のシーズン最後のハーフ「淀川国際ハーフマラソン」にむけて、「京都」のケアーもかねながら、緩いペースのジョギングをはじめました。

今シーズンのフルマラソンは先月19日の「京都」が最後で、自己ベスト更新どころかレース後半に撃沈で、サブ4も逃してしまった。いろんな課題が山積みで、まだ振り返る気にもなりません。慌てなくてもいいと思うけど、また同じ失敗を繰り返さないために、問題点がぼやけない前に検証しないとダメなのですが…、

メンタルはともかく、フィジカルの問題は理屈で解決出来ることでもないから、トレーニングを通して問題点を解決していくしかないようです。

それはさて置き、いきなり「マラソンは気合いだ!?」と言われたらどうでしょう…?多分すぐには頷けないけど、間違いではないようで…、でも何か違う感じだなぁ〜でしょうか?

マラソンを走るランナーを引っ張っているのはなんでしょう…? と聞かれたら、ペースメーカのことではありません…、多分、「モチベーション」かな?と答えそうですが、ちなみにモティベーションの意味を確かめてみると「動機付け」の他に確かに目的を達成するための「ヤル気」「意欲」という意味があって、それでやっと「モチベーションが高い…」は「ヤル気満々」と言うことでよかったのだと了解できた次第です。

今まで結構漠然とした意味で聞いたりしてたので言葉が独り歩きしてたみたいで、似た感じで、こちらはモティベーションよりは身近な?言葉だけど「気合い」というのもどこか漠然として、わかっているようでわかりにくい。

モチベーションや気合いなどなくても、ランニングもできるし、自転車にも乗れます。でも何か目的、目標があったほうがより楽しいに違いありません。ただどちらもあまり高過ぎると空回りすることもがあるので、かなり扱いにくいものみたいですね。

 

そろそろ、本気で「京都」振り返り、撃沈の検証はじめます!

 

昨日のランニング :  20k走  ( 1 : 53 : 20 )

  5'48"/k