読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

「坂に鳴く!」2016 奈良マラソンレポ(前編)

 

 

 

 f:id:malstrail:20161213095215j:image

  

まずは結果から、完走はしましたが、リベンジならず!奈良の鹿でなく、

またしても坂に鳴かされました。

(今回は前日受付からスタートまでの前半です。)

 

当日、天気は曇りのち晴れの予報、気温は7時で4℃くらいですが、

それほど寒さは感じませんでした。 近鉄京都線、「高の原」駅から

無料バスで7時頃に会場へ、さい先の良いことに、ほとんど並ばずに

トイレに行けたのは大きな大会でははじめて、これは何だかツイてる

予感がしました。

(受付をすまして)  いつもならその流れなのですが、

 

*(時系列がもどります)

実はドジなことで、「受付は前日のみ」を見落としていました。

土曜の深夜パンフを確認しないと…、と思いながら二度寝してしまい、

朝7時に起きてドキリ!!

やっぱり「受付は前日のみ」、今から奈良までいって、昼からの仕事に

間に合うだろうか…? 時々、こういうポカを年にいちにど?

やかすのですが…、

とにかく、急がないと間に合わない。慌てて家を飛び出し、きょうは

「高の原」からの臨時バスはないから、「近鉄奈良」駅から行くしか

ありません。

ここで、いやな予感が…、前日にまたあの坂を走ることに…!?

路線バスの方が速いと「高円」のバス停の列に並んだものの、一台目が

満員通過!「最初から歩けばよかった!」とひとりごち予感は的中して

やっぱり走ることに…、

受付を済ませると、すぐにとんぼがえりでまた走る。人波を避けながら

ひたすら走る。同じように走ってる人を3人ほど確認すると、

少し慰められた気がしたけど、すでに汗びっしょり、「西大寺」駅で、

乗り換えの間に、トイレでいただいたTシャツに着替えて一息ついた。

これで風邪でも引いたらシャレにもならない。どうにか仕事に間に合い

一件落着。前日にまさかあの坂を走ることになるとは、

夢にも思いませんでした。

 

* 

準備をすまして武道場を出るともう8時前、「ごいさん」と「びぁーさん」

との待ち合わせ場所の「足湯広場」を横目にアップ広場へ行こうとする

と、8時20分まであまり時間がない。

会場はランナーでごったがえして移動するのにも時間がかかる。

この様子じゃ、ひょっとすると会えないかもしれないと思うと、アップも

そこそこに、ごった返す「足湯広場」へ、「ごいさん」のゼッケンが

ニックネームだとすぐに分かるんだけど…、と思った瞬間、なんとその

ゼッケンのご本人が目の前に…!まさかこんなにすぐに会えるとは….!

各ブロックへの整列締め切りが8時45分、「びぁーさん」は…、まだかな?

そろそろ移動しないと、思ったところへ「びぁーさん」が小走りで合流!

『よかった間に合って!』、「びあーさん」ほんと、よくぞ見つけてくれ

ました!

 

「ごいさん」には寒いなかしばらく待っていただいたみたいで…、

「びあーさん」のアップ時間を削ってしまったかも…、知れません。

時間もないなか、呼びかけに答えていただき、みごとに3人一緒に出会えて

本当によかった。うれしかったです。ありがとうございました。

 

 大会ゲストの「安田サーカス」団長さんに続いて、「有森裕子」さんの

「ワォー」のあと、いよいよ「坂に鳴く!奈良マラソン」スタートです。

(続きは後編へ!)