読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

したくはしたか

すずろぐ
 
 
 
f:id:malstrail:20160415191749j:image
 
 
 

あわただしい四月最初の一週間が過ぎて、今週に入ってようやく新年度が始まったよう

な感じです。二度のまとまった雨で、今年はサクラの開花の期間は短くて、あっという

間に葉桜の萌葱色が目立つようになりました。まだ少し張りつめた空気の四月に、

いかにもふさわしい「詩」に、懐かしい名前の詩人と一緒に出くわしてしまった。

「仕度」、「黒田三郎」というと、ずいぶん前に「現代詩手帖」の中で「吉岡実」や

清岡卓行」、「吉野弘」など、よく読んでいた詩人で、「夕暮れ」という好きな詩は

フォークシンガーの「高田渡」の唄にもなっている。

 

今は「詩」と言えば、好きな曲の歌詞をみるくらいだが、うろおぼえだけど好きな詩は何かの拍子にふと思い出すことがある。それはたいがい「夕暮れ」の詩にでてくるような、酔っ払いになった時。
 
この頃ブログをはじめて気付いたことだけど、前より言葉へのこだわりみたいなのが
出てきたのか、ブログもことばをつなぐ作業だし、当たり前のことかもしれないが、「詩」にかぎらず、あらゆる「ことば」が気にかかる。
ことばはどこまでとどくのか・・・、ただ気になるばかりかもしれないけれど。
 
「支度」と「仕度」、同じで(身じたく)という意味から、古くは「竹取物語」にも出てくるらしい。
 
ところで藪から棒に、やっぱり春はいいですね、ベタですが……、新緑の若葉を見ているだけで、ただそれだけでいい気分。そこに爽やかな風でも吹くと、忘れてたひとのことを思い出したりして……、ベタです。
また山にも往きたくなります。
 
そんな四月の天気は気まぐれで、「若狭、小浜マラソン」はまた雨で荒れ模様の予報。
「仕度」は出来たかどうかわからないけど、日曜日は菜の花の咲く若狭路を走りに行きます。
 
 
 
f:id:malstrail:20160416100918j:image
 
 
本日のランニング :  10.07km    ( 0 : 58 : 13 )    5'46”/km