読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

「高槻ハーフ」は強風快晴!

 
 

曇っていた空がしだいに晴れてきたので、道も凍ってないようだし、アップも兼ね

会場まで自転車で行くことにしました。でも走り出してすぐに後悔することに・・・

強風で堤防道路は風に煽られ自転車がまっすぐ進まない。この風の中、前後に一台の

自転車も走っていない。今から出直すわけにもいかないし、アップどころか太ももが

パンプしそう!

やっと「芥川」の橋を渡る辺りで、あちらこちから 自転車組が現われて、ようやく
40分もかかって到着すると、会場のノボリや、天幕がパタパタ大きな音を立てて
はためいている。
 
 
 
f:id:malstrail:20160126094410j:image
 
 
 
空は真っ青の快晴!自転車を隣の「芝生小学校」に置いて、更衣室になってる体育館に
駆け込むと、まだスタート1時間半前なのにすでに混み始めてきた。外は風がすごいから時間待ちのランナーも腰が重い。なかなかアップに出ていかない。
9時40分頃から準備体操がグランドで始まって、50分にハーフ部門のランナー集合で、
開会式がはじまった。
ゲストはあの「シャンプーハット」!「高槻」出身のお笑い芸人「こいちゃん」と
「てつじ」!
 
 
 
f:id:malstrail:20160126102901j:image
 
 
 
10時20分、ハーフ部門スタート、コースは「淀川」の堤防道路上を「五領消防署」の
折り返しまで北上し、一旦堤防を降りて測道沿いからもう一度堤防上に戻る。
「大塚」辺りまで引き返し、また急角度に堤防を降りると、人家の間の道を抜け、
国道のトンネルをくぐって競技場手前でゴール。
折り返しまでと堤防の上に戻ってからは、半端ない風に煽られて、5分20秒/km
前後のペースをどうにかキープするけど、なかなかペースが定まらない我慢の走り。
3〜4カ所の高度差9メートルの堤防への登り降りの坂も、短かいけど傾斜もあって、
障害物みたいできつかった。
 
TIME :   1時間53分17秒   < 5 , 23 / km >  (ネットタイム)
           
予想外に変化のあるコースで、見通しのきかな狭い人家の間を抜けたりするので、
飽きないけれどペースは変わりやすい。記録的な大寒波の日で凄い風でしたが、
快晴のお天気に救われた大会でした。また走りに来ます。
百円で食べれたウドン美味しかった。温まりました。
欲を言えば、ゴールしてから「シャンプーハット」のトークも聞きたかったなぁ〜!
 
 
 
f:id:malstrail:20160126115831j:image