読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

神鍋高原マラソン

 

21日、兵庫県神鍋高原マラソン全国大会に行ってきました。

4月の「若狭マラソン」についで、2本目のハーフマラソン。 

カミナリ注意報が前日から出ていて、日曜は雨の予報。

兵庫県北部、関西では古くからスキー場で有名な神鍋高原まで車で3時間。
ハーフのスタート時間は8時半と早いので、遅くても4時には出発しないと
いけない。
「天気も悪いのにそんな遠いとこまで走りにいかんでも....」
雨の中、3時間もかかるとなると、家人のぼやき声にもつい頷いてしまう。
これから走りにいくというのにテンションも下がりっぱなし。
3時前に起きるとすでに雨が降っていた。
 
 持ち物のパッキングは昨夜に済ましたので、時計を睨みながら
足のテーピングをはじめる。現地に着いても時間もないだろうし、
出来る事は先に済ましておきたい。これがかなり面倒で時間がかかる。
 
4時前「第二京阪道」の高速に入ると、以外にも一台の車も走っていない。
さすがにカミナリ予報の日曜日、3時頃から出かけるひとも少ないとは
思っていたが、車が走ってないとは想像もしなかった。
貸し切りの高速道路というのも、いいような、心もとないような、
そのうち一台くらい現れるだろうと思っていたが‥‥‥‥、
 
なんと京都縦貫道に入って亀岡近くまで来ても、まだ一台もお目にかからない。
もう15分、もっと経っているかもしれない。ひょとして後続が追いつけない、
飛ばし過ぎ‥‥‥?、100㌔/hならそんなこともない。
「雨に煙る未明の高速道路‥‥‥、前後にクルマは一台も走っていない‥‥‥」
三流ドラマのはじまりみたいだが、「これはやっぱりおかしい‥‥‥」と
バックミラーに目をやると、暗闇の中から小さなヘッドランプの明かりが
ようやく大きくなって近づいて来た。
 
福知山あたりまで雨は断続的に降り続き、トンネルを抜けると、
いきなり怒ったみたいにフロントガラスを叩き付け、
ワイパ一をフルにしても視界が途切れて前がよく見えない。
 雨は国道9号線に入っても局所的にカミナリを伴う猛烈な降りで、
気ばかり急いでもスピードも出ない。
 「これで、大会中止なんて‥‥‥、それはないだろうが!‥‥‥」
 こんな時良い事など、たいがい思いつかない。
 
ようやく神鍋高原の入り口までたどり着くと、こんどはなんと渋滞の列。
駐車場への誘導が混み合っている。時間ばかりがどんどん過ぎていく。
ここにきて、雨はようやく小降りになって空も明るくなったきた。
 
っきまでの騒動は?いったい何だったんだ!
お天道様にグチを言ってもはじまらないが‥‥‥、
そんなことはいいけど、とにかく時間がない!
まだ受付も済んでいないのに、スタートまで1時間を切っている。
これで間に合わなかったら‥‥‥‥?
 
アップもそこそこに、ようやくどうにか間に合わせ、スタートの列に並ぶと、
雨など知らないと、いつの間にかウソみたいな空になっている。
 
 
 
f:id:malstrail:20150622112953j:image
 
 
今回は、昨年痛めた右脚ふくら脛の肉離れが、治ったかどうか?
「若狭」のあと2ヶ月で、その確認もあって準備をしてきた。
この大会はずっと8月の暑い盛りに開催されていたのが、
前回から6月に変更になった。前回も雨だったが大会記録は大きく更新され、
それも8月と6月のちがい、気温の差なのだろう。
秋のシーズンを前に、合宿をかねてた賑やかな若いグループやランニングクラブ
多く、ファミリー種目もあり家族連れの参加者も目立つ。
 
コースはスキー場が点在する神鍋高原を周回する。ゆるいアップダウンと、
展望のきく走りやすいコースで、ハーフはここを2周する。
周回コースは最初でコースが読めて、それがうまく二周目に活かせるかどうか、
ペース配分がポイント。
 
スタート直前、2時間のペースランナーが、いきなり
「みなさん、一緒に2時間切りをめざしましょ!」と、
ゲストランナーみたいな可愛い挨拶で、ランナー達がどっとわいたところで、
いよいよスタート!
  
最初は5分30秒/㌔ペースで行くが、上り坂になるとどうしても落ちてくる、
三ヶ所くらいのキツイ箇所でどれだけキープできるかがポイントだが、
2周目はさらに前より落ちて、こがポイントなんて言ってる場合じゃない。
 
このコースにはシャワーが二ヶ所、霧のシャワーが一ヶ所と、
真夏の大会だっただけに、他所にはない熱中症対策もされて、
給水ポイントも多い。
 
 
f:id:malstrail:20150622145825j:image
 
 
あと2キロ付近で、後ろのから聞き覚えのある声がして、
あのペースメーカーがラストにペースを上げて近付いてきた。
と言うことは、こちらも2時間切りが微妙ということに‥‥‥、
あっさり抜かれると、そのあとどうにかついていく。
時計をみると、5分20秒/㌔、
このままでは.....、ちとまずいのでは?‥‥‥、
あと、500m、ここで一挙にラストスパートで抜き返す。キツイ!
まだ少し脚が残っていました。でもギリギリです......。
 
右脚はどうにかもったみたいで、前回のような痛みもなく、
テーピングの効果もあって、完治したかどうかはわからないけど、
テストランでのタイムとしてはまずまずですか、
帰りの車はすいすい気分よく夕方混むまえに帰って来ました。
                                                          Time :   1時間  58分 27 秒