読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

BEERと夜ラン

 

 

 

f:id:malstrail:20150518121715j:plain

 

 

陽が長くなって、河川敷も走りやすくなってきた。

七時を過ぎてもまだ明るいから、夜ランも長くなりそうだ。

 
ただ、あまり長いと、食事もおそくなるので、
八時半には帰ってきたい。食べてから走るというのは、
昼はありだが、夜はなし。というのも、BEERのせいで、
飲んだら乗れない.....、走るなら飲めないで、
夜にこれは欠かせない。
 
というか、うまいBEERが飲みたくて走ってるようなところもあって、
マラソン大会の途中でも、必ずフィニィシュ後のBEERのことが頭をよぎる。
ただそれも快調なときに限るみたいで、キツイときにはBEERはでてこない、
ひとによってちがうかも知れないが、コーラはOKだけど‥‥‥、BEERはだめだ!
最後は「水しかいらない」となる。
水も要らないとなると、これはかなりヤバい。
 
 ヤバくなっても、どうにかゴールして、ひと息つくと、
タイムラグはあるが、やっぱりBEERがほしくなったりする。
たしかにカロリーも高いし、それより「のどごし」がいい‥‥‥、
なんだかBEERのCMみたいだけど、
 
ところで「ノンアル」BEERでも酔ったみたいになるって‥‥‥、
はじめに飲んだころ、そんな感じがしたけど、あれも何でだろう?
気のせいか、味からくる先入観か?、でも走ってる時に「ノンアル飲みたい‥‥‥」
とは思わない‥‥‥、BEERの味が好きならそう思ってもいいはずで、
飲んでも酔わないし大丈夫なのに‥‥‥、やっぱり酔った気になるのか?
となると、やっぱりBEERはアルコールありきってことですか‥‥‥?
 
 
 

f:id:malstrail:20150519034745j:plain

 
 
 
そういえば、米国のニューヨーク・タイムスでベストセラーになり翻訳された
「BORN TO RUN」という本で、メキシコの史上最強のランナーと
いわれる神話的民族「タラウマラ族」の話の中に、彼らが愛飲する
自家製の「トウモロコシビール」というのがでてくる。
 
彼らは他にも「チア」という植物の種から「イスキアテ」という、これまた
自家製<レッドブル>のような、秘伝のエナージーフードもつくりだすらしい。
 
 
 
秋に向けての走り込みも大事だけど、
「ランニング」のカルチャーショックみたいな
本、「BORN TO RUN」読み応えあり、熱いです。