読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

冬の空 爆風「ふくわらい」

 

 

木曜日は25度を越えて夏日になったところがあったそうです。

この師走の12月に25度はないでしょう。といっても25度なんだから、

にわかに信じられませんが、何か大きな変動期なのか?

異常気象というかたちで地球が徐々にえらい事になっているのかもしれません。

とか、なんだかんだ言いつつ、あまり実感のない年の瀬、これからですか.....、
暖かいせいなのか、同じく木曜日でした、きれいな「うろこ雲」が出ていました。
写真はありませんが、「うろこ雲」って秋の雲じゃないですか?
 
 
 
f:id:malstrail:20151213163923j:image
すじ雲?
 
 
これだけ暖かいと夕焼け空もまだ秋のようで冬の空じゃない。
今週からは冬型にかわって週末は寒くなるそうです。
 
 
 
f:id:malstrail:20151213164152j:image
 
 
 
本屋に立ち寄り、「村上春樹」の「雑文集」が文庫で発売されていた。
後書きまで読み終わって「ちょっとまてよ?」と気づき、五年前に単行本が出ていたというから、確か読んだみたいな気がして調べてみたら勘違い、読んだのは「象の消滅」だった。記憶って本当にいいかげんなものですね、
雑文集は書評や、公演録、対談と寄せ集めの評論で、小説にくらべると、どこかインパクトに劣るというか、内容は忘れてしまってる事が多い。分野の問題じゃないかも知れないけど、面白さから云うとやっぱり小説に軍配が上がりそうだ。
そもそも比べるものじゃないのかもしれないが・・・、
 
西加奈子」の「ふくわらい」にビックリ、ドッキリ、読み終わっても引きづったままで感想がでてこない。
しばらくたって好きなチョコレートをつまみ食いするようにつまみ読みすると、あらためてどんどん引き込まれていく。「鳴木戸定」と「武智次郎」の会話に、「守口廃尊」の呟きに........、
少したったらもう一度初めから読んでみたい。
爆風!稀有な物語り「ふくわらい」!
 
 
 
 
f:id:malstrail:20151213164220j:image
 
きようのランニング :   12.8㎞   6:04/㎞
 
 
 
 
 
f:id:malstrail:20151213164320j:image
 
 

 

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)

 

 

 

 

ふくわらい (朝日文庫)

ふくわらい (朝日文庫)