読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルズログ

 ランニングと日々の雑記帳

生駒チャレンジ

「大阪・奈良の展望台 生駒山脈を縦走する」

   *スカイウォークとトレラン*     

 

10月19日、第八回「生駒チャレンジ登山大会」トレランの部、走ってきました。

生駒山系北部の「府民の森」をつないで、「生駒山」〜「高安山」まで、

32㌔の比較的高低差の少ないトレラン初心者、入門コース。

初級、中級、上級、と三つのポイントがあり、

ランもウォークも、P2=12:30、P3=14:00  以降、

先のコースに進めない。

 

f:id:malstrail:20141030141225j:plain

 

春に行われる「チャレンジ登山、ダイトレ、36㌔」に比べると、

やや人気薄だが、ロードのトレーニングとして参加するランナーも多く、

トップクラスのタイムは2時間半から3 時間とかなり速い。

 

7時30分、「私市水辺プラザ」から、10分間隔のウエーブスタート、

「ほしだ園地」〜「飯盛霊園」〜、R163号の歩道橋を渡り、

P2「むろいけ園地」、初級ゴール。

 

9時10分、「くさか園地」〜「ぬかた園地」〜「生駒山」に向かって

徐々に高度を上げ、一般登山道から「生駒山頂」直下で、

簡易舗装のカーブの多い、単調な園地管理道に変わり、

見晴らしは良いはずなのに、雑木林で視界が遮られ、

自ずとペースも上がる。この7~㌔がコースのハイライトかもしれない。

ヘアピンカーブのながい下り坂を降りると、

P3「なるかわ園地」、中級ゴール。

 

ほとんどのランナーは給水をとってすぐに出て行くが、

それを横目に、ここでレスト、おにぎりを食べ、

「CAMELBAK」の水をチェックする。

ポイント通過の制限時間が14時00分とかなり緩い。

この時間帯は当然ウォークに合わせたもの、

レストタイムは17分。

 

f:id:malstrail:20141030142112j:plain

 

11時59分、「信貴生駒スカイライン」に沿って、

「みずのみ園地」〜「十三峠」と起伏の少ない登山道をいくが、

道幅が1㍍くらいで狭く、追い越しが懸けれない???、

といっても、前後にランナーはいないので、問題なし・・・、

 それでもブッシュが多くて、足元が隠れて走りにくい。

あと2㌔の表示から、あと1㌔までがながい。

いつものことですが・・・、

トンネルを抜けると、

表示より500㍍手前でいきなりゴール!

ゴール制限時間はなく、サブ4でフィニッシュ!

山岳連盟のおばさまと豪快にハイタッチ!

 スカイウォークのゴールは、500㍍先のケーブル「高安山駅」でした。

 

マイペースで走れ、まず渋滞もない。

地味だがこじんまりとして、とても良い大会です。

帰りのアクセスも便利で、大阪市内に出るのも以外に近かった。

 

主催者へのお願いですが、スタート地点に仮設トイレの設置を

ぜひお願いします!